■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|11| 電波法施工規則に規定する用語の定義

|11| 電波法施工規則に規定する用語の定義

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
11電波法施工規則に規定する用語の定義3,43214

出題パターンは11種類

  1. 「占有周波数帯幅」の定義について
  2. 「無人方式の無線設備」の定義について
  3. 「混信」の定義について
  4. 「無給電中継装置」の定義について
  5. 「スプリアス発射」の定義について
  6. 「周波数の許容偏差」の定義について
  7. 「周波数の許容偏差」及び「占有周波数帯幅」の定義について
  8. 「周波数の許容偏差」及び「スプリアス発射」の定義について
  9. 「スプリアス発射」及び「帯域外発射」の定義について
  10. 「空中線電力」の定義について
  11. 「周波数に関する」定義について

パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 4

h18	2月	午前


  • 正しい解答 : [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によって輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、「周波数分割多重方式」の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 4

h20	2月	午後


  • 正しい解答 : [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によって輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、「周波数分割多重方式」の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 4

h21	10月	午前


  • 正しい解答 : [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によって輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、「周波数分割多重方式」の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十一 

パターン2の問題

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 3

h18	10月	午前


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 3

h21	2月	午後


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 4

h123	2月	午前


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

h25 2月 午後

h25	2月	午後

解答 4

h25	2月	午後


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 2

h26 	2月 	午後


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

h27 2月 午後

h27	2月 	午後

解答 4

h27	2月 	午後


  • 正しい解答 : 自動的に動作する無線設備であって、通常の状態においては技術操作を直接必要としないものをいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十五

パターン3の問題

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 1

h18	10月	午後


  • 正しい解答 : [混信]とは、他の無線局の正常な業務の運行を「妨害」する電波の発射、輻射又は「誘導」をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十四

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 1

h20	10月	午前


  • 正しい解答 : [混信]とは、他の無線局の正常な業務の運行を「妨害」する電波の発射、輻射又は「誘導」をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十四

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 1

h21	10月	午後


  • 正しい解答 : [混信]とは、他の無線局の正常な業務の運行を「妨害」する電波の発射、輻射又は「誘導」をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十四

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 1

h24	10月	午後


  • 正しい解答 : [混信]とは、他の無線局の正常な業務の運行を「妨害」する電波の発射、輻射又は「誘導」をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十四

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 1

h26 	2月 	午前


  • 正しい解答 : [混信]とは、他の無線局の正常な業務の運行を「妨害」する電波の発射、輻射又は「誘導」をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十四

パターン4の問題

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 2

h20	10月	午後


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 2

h21	6月	午前


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 4

h23	2月	午後


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 4

h24	10月	午前


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 2

h25	10月	午前


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 4

h27	6月	午後


  • 正しい解答 : 送信機、受信機その他の電源を必要とする機器を使用しないで電波の伝搬方向を変える中継装置をいう。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の四十四

パターン5の問題

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 2

h21	2月	午前


  • 正しい解答 : [スプリアス発射]とは、「必要周波数帯」外における一又は二以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで低減することができるものをいい、高調波発射、「低調波発射、寄生発射」及び相互変調積を含み、帯域外発射を含まないものとする。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の六十三

パターン6の問題

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 4

h20	2月	午前


  • 正しい解答 : [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の「割当周波数」からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表わす。

「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の五十九

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 4

h21	6月	午後


  • 正しい解答 : [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の「割当周波数」からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表わす。

「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • 電波法施行規則 第二条 の五十九

パターン7の問題

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 2

h23	10月	午前


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表わす。

(2) [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によつて輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 2

h24	6月	午前


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表わす。

(2) [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によつて輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 3

h25	6月 	午前


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、「100万分率又はヘルツ」で表わす。

(2) [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によつて輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 3

h26	10月	午前


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、「100万分率又はヘルツ」で表わす。

(2) [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によつて輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十一 

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 1

h28	2月	午後


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、「100万分率又はヘルツ」で表わす。

(2) [占有周波数帯幅]とは、その上限の周波数をこえて輻射され、及びその下限の周波数未満において輻射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によつて輻射される全平均電力の「0.5パーセント」に等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジヨン伝送の場合等「0.5パーセント」の比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十一 

パターン8の問題

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 1

h23	10月	午後


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の「特性周波数の基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表わす。

(2) [スプリアス発射]とは、必要周波数帯外における一又は二以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで低減することができるものをいい、「高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積を含み、帯域外発射」を含まないものとする。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三 

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 2

h25	10月	午後


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の特性周波数の「基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、「百万分率又はヘルツ」で表わす。

(2) [スプリアス発射]とは、必要周波数帯外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで「低減」することができるものをいい、高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積を含み、帯域外発射を含まないものとする。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三 

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 2

h26	10月	午後


  • 正しい解答 : 
    (1) [周波数の許容偏差]とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の特性周波数の「基準周波数」からの許容することができる最大の偏差をいい、「100万分率又はヘルツ」で表す。

(2) [スプリアス発射]とは、必要周波数帯外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで「低減」することができるものをいい、高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積を含み、帯域外発射を含まないものとする。

※(1)は「わ、と、き」の順番に各周波数が入ります。
 わ = 割当周波数
 と = 特性周波数
 き = 基準周波数

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十九
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三 

パターン9の問題

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 4

h25	6月 	午後


  • 正しい解答 : 

(1) [スプリアス発射]とは、「必要周波数帯」外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで「低減」することができるものをいい、高調波発射、「低調波発射、寄生発射及び相互変調積」を含み、帯域外発射を含まないものとする。

(2) [帯域外発射]とは、「必要周波数帯」に近接する周波数の電波の発射で情報の伝送のための変調のための変調の過程において生ずるものをいう。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の六十三
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三の二 

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 2

h26	6月	午後


  • 正しい解答 : 

(1) [スプリアス発射]とは、「必要周波数帯」外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで「低減」することができるものをいい、「高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積」を含み、帯域外発射を含まないものとする。

(2) [帯域外発射]とは、「必要周波数帯」に近接する周波数の電波の発射で情報の伝送のための変調のための変調の過程において生ずるものをいう。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の六十三
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三の二 

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 2

h27	10月	午前


  • 正しい解答 : 

(1) [スプリアス発射]とは、「必要周波数帯」外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで「低減」することができるものをいい、高調波発射、「低調波発射、寄生発射及び相互変調積」を含み、帯域外発射を含まないものとする。

(2) [帯域外発射]とは、「必要周波数帯」に近接する周波数の電波の発射で情報の伝送のための変調のための変調の過程において生ずるものをいう。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の六十三
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三の二 

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 2

h28	2月	午前


  • 正しい解答 : 

(1) [スプリアス発射]とは、「必要周波数帯」外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで低減することができるものをいい、高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積を含み、帯域外発射を含まないものとする。

(2) [帯域外発射]とは、「必要周波数帯」に近接する周波数の電波の発射で「情報伝送のための変調の過程」において生ずるものをいう。

(3) [不要発射]とは、スプリアス発射及び帯域外発射をいう。

(4) [スプリアス領域]とは、帯域外領域の「外側」のスプリアス発射が支配的な周波数帯をいう。

(5) [帯域外領域]とは、「必要周波数帯」「外側」の帯域外発射が支配的な周波数帯をいう。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の六十三
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の六十三の二 
    • (3) 電波法施行規則 第二条 の六十三の三 
    • (4) 電波法施行規則 第二条 の六十三の四 
    • (5) 電波法施行規則 第二条 の六十三の五 

パターン10の問題

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 2

h26	6月	午前


  • 正しい解答 : 「平均電力」とは、通常の動作中の送信機から空中線系の給電線に供給される電力であって、変調において用いられる「平均」の周期に比較して十分長い時間(通常、平均の電力が最大である約「十分の一秒間」)にわたって平均されたものをいう。
  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の七十

パターン11の問題

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 2

h27	6月	午前


  • 正しい解答 :

(1) [割当周波数]とは、無線局に割り当てられた周波数帯の「中央の周波数」をいう。

(2) [特性周波数]とは、与えられた発射において「容易に識別し、かつ、測定することのできる周波数」をいう。

(3) [基準周波数]とは、割当周波数に対して、固定し、かつ、特定した位置にある周波数をいう。この場合において、この周波数の割当周波数に対する偏位は、特性周波数が発射によって占有する周波数帯の中央の周波数に対してもつ偏位と同一の「絶対値」及び同一の符号をもつものとする。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第二条 の五十六
    • (2) 電波法施行規則 第二条 の五十七
    • (3) 電波法施行規則 第二条 の五十八

前の項目へ

|10| 無線局の廃止

次の項目へ

|12| 電波の型式


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional