■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|2| 電波法に規定する用語の定義

|2| 電波法に規定する用語の定義

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
2電波法に規定する用語の定義11195

出題パターンは5種類

  1. 電波法に規定する用語の定義について 1
  2. 電波法に規定する用語の定義について 2
  3. 電波法に規定する用語の定義について 3
  4. 電波法に規定する用語の定義について 4
  5. 電波法に規定する用語の定義について 5

関連項目の |1| 電波法の目的 と一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 3

h18	6月	午前


  • 正しい解答
    (1) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、「音声その他の音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (2) [ 無線設備 ] とは、無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための「電気的設備」をいう。
    (3) [ 無線従事者 ] とは、無線設備の「操作又はその監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の三
    • (2) 電波法 第二条の四
    • (3) 電波法 第二条の六

h22 2月 午前

h18	6月	午前

解答 3

h18	6月	午前


  • 正しい解答
    (1) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、「音声その他の音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (2) [ 無線設備 ] とは、無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための「電気的設備」をいう。
    (3) [ 無線従事者 ] とは、無線設備の「操作又はその監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の三
    • (2) 電波法 第二条の四
    • (3) 電波法 第二条の六

パターン2の問題

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 4

h19	2月	午後


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の音響を送り、又は受けるための「通信設備」をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作を行う者」の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 2

h19	6月	午前


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の「音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 2

h20	10月	午後


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の「音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 2

h21	6月	午後


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の「音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 2

h22	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の「音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 2

h23	6月	午後


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声その他の「音響」を送り、又は受けるための通信設備をいう。
    (3) [ 無線局 ] とは、無線設備及び「無線設備の操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。

※[ 無線従事者 ]の定義には「監督」という言葉がありますが、[ 無線局 ]の定義には無いことに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

パターン3の問題

h25 2月 午前

h25	2月	午前

解答 2

h25	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    (2) [ 無線設備 ] とは、無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための「電気的設備」をいう。
    (3) [ 無線従事者 ] とは、無線設備の「操作又はその監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。

※[ 無線設備 ]の定義は「電気的設備」ですが、[ 無線電話 ]の定義は「通信設備」であることに注意しましょう。

  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五

パターン4の問題

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 4

h18	6月	午後


  • 正しい解答 : [ 無線従事者 ] とは、無線設備の操作又はその「監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の四
    • (3) 電波法 第二条の五
    • (4) 電波法 第二条の六

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 3

h19	10月	午前


  • 正しい解答 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の二
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の五
    • (4) 電波法 第二条の六

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 3

h20	10月	午前


  • 正しい解答 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の三
    • (2) 電波法 第二条の四
    • (3) 電波法 第二条の五
    • (4) 電波法 第二条の六

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 3

h22	2月	午後


  • 正しい解答 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の三
    • (2) 電波法 第二条の四
    • (3) 電波法 第二条の五
    • (4) 電波法 第二条の六

パターン5の問題

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 1

h19	6月	午後


  • 正しい解答
    選択肢2 : [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    選択肢3 : [ 無線設備 ] とは、無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための「電気的設備」をいう。
    選択肢4 : [ 無線従事者 ] とは、無線設備の操作又はその「監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の二
    • (2) 電波法 第二条の一
    • (3) 電波法 第二条の四
    • (4) 電波法 第二条の六

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 2

h21	10月	午前


  • 正しい解答
    選択肢1 : [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    選択肢3 : [ 無線従事者 ] とは、無線設備の操作又はその「監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
    選択肢4 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の六
    • (4) 電波法 第二条の五

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 2

h24	2月	午前


  • 正しい解答
    選択肢1 : [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    選択肢3 : [ 無線従事者 ] とは、無線設備の操作又はその「監督」を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。
    選択肢4 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の六
    • (4) 電波法 第二条の五

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 3

h26 	2月 	午後


  • 正しい解答
    選択肢1 : [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    選択肢2 : [ 無線電話 ] とは、電波を利用して、音声「その他の音響を送り、又は受けるための通信設備」をいう。
    選択肢4 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の三
    • (3) 電波法 第二条の六
    • (4) 電波法 第二条の五

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 2

h27	10月	午後


  • 正しい解答
    選択肢1 : [ 電波 ] とは、「300万メガヘルツ」以下の周波数の電磁波をいう。
    選択肢3 : [ 無線設備 ] とは、「無線電信、無線電話」その他電波を送り、又は受けるための電気的設備をいう。
    選択肢4 : [ 無線局 ] とは、無線設備及び無線設備の「操作」を行う者の総体をいう。ただし、受信のみを目的とするものを含まない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二条の一
    • (2) 電波法 第二条の六
    • (3) 電波法 第二条の四
    • (4) 電波法 第二条の五

前の項目へ

|1| 電波法の目的

次の項目へ

|3| 無線局の開設


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional