■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|3| 無線局の開設

|3| 無線局の開設

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
3無線局の開設12197

出題パターンは1種類

  1. 無線局の開設について

パターン1の問題

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 1

h21	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) 無線局を開設しようとする者は、「総務大臣の免許」を受けなければならない。
    ただし、「発射する電波が著しく微弱な」無線局で総務省令で定めるもの等電波法第4条(無線局の開設)ただし書に定めるものについては、この限りでない。
    (2) (1)による「総務大臣の免許」がないのに無線局を開設した者は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処する。
  • 条例
    • (1) 電波法 第四条
    • (2) 電波法 第百十条 の一

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 1

h23	2月	午後


  • 正しい解答
    (1) 無線局を開設しようとする者は、「総務大臣の免許」を受けなければならない。
    ただし、「発射する電波が著しく微弱な」無線局で総務省令で定めるもの等電波法第4条(無線局の開設)ただし書に定めるものについては、この限りでない。
    (2) (1)による「総務大臣の免許」がないのに無線局を開設した者は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処する。
  • 条例
    • (1) 電波法 第四条
    • (2) 電波法 第百十条 の一

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 1

h23	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 無線局を開設しようとする者は、「総務大臣の免許」を受けなければならない。
    ただし、「発射する電波が著しく微弱な」無線局で総務省令で定めるもの等電波法第4条(無線局の開設)ただし書に定めるものについては、この限りでない。
    (2) (1)による「総務大臣の免許」がないのに無線局を開設した者は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処する。
  • 条例
    • (1) 電波法 第四条
    • (2) 電波法 第百十条 の一

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 2

h25	6月 	午後


  • 正しい解答
    (1) 無線局を開設しようとする者は、「総務大臣の免許」を受けなければならない。
    ただし、「発射する電波が著しく微弱な」無線局で総務省令で定めるもの等電波法第4条(無線局の開設)ただし書に定めるものについては、この限りでない。
    (2) (1)による「総務大臣の免許」がないのに無線局を開設した者は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処する。
  • 条例
    • (1) 電波法 第四条
    • (2) 電波法 第百十条 の一

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 2

h28	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) 無線局を開設しようとする者は、「総務大臣の免許」を受けなければならない。
    ただし、「発射する電波が著しく微弱な」無線局で総務省令で定めるもの等電波法第4条(無線局の開設)ただし書に定めるものについては、この限りでない。
    (2) (1)による「総務大臣の免許」がないのに無線局を開設した者は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処する。
  • 条例
    • (1) 電波法 第四条
    • (2) 電波法 第百十条 の一

前の項目へ

|2| 電波法に規定する用語の定義

次の項目へ

|4| 免許の申請の審査事項


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional