■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|31| 通信に混信を与える旨の通知を受けたとき

|31| 通信に混信を与える旨の通知を受けたとき

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
31通信に混信を与える旨の通知を受けたとき85253

出題パターンは1種類

  1. 通信に混信を与える旨の通知を受けたとき

関連項目の |30| 無線電話電信 と |32| 電波の周波数により聴守を行って確かめなければならないこと も一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 2

h18	6月	午後


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 2

h19	2月	午前


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 2

h20	6月	午後


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 1

h23	2月	午前


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 2

h23	10月	午後


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 2

h24	6月	午後


  • 正しい解答 : 直ちにその発射を中止しなければならない。
  • 条例
    • 無線局運用規則 第二十二条
      • 無線局は、自局の呼出しが他の既に行われている通信に混信を与える旨の通知を受けたときは、直ちにその呼出しを中止しなければならない。無線設備の機器の試験又は調整のための電波の発射についても同様とする。

前の項目へ

|30| 無線電話電信

次の項目へ

|32| 電波の周波数により聴守を行って確かめなければならないこと


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional