■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|34| 無線局の検査

|34| 無線局の検査

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
34無線局の検査9,10,11,126258

出題パターンは4種類

  1. 無線局の検査について
  2. 無線局の検査の結果について
  3. 無線局の検査及び検査の結果について
  4. 無線局検査結果通知書等について

関連項目の |33| 電波の発射の停止 と |35| 総務大臣が職員を派遣し検査させることができる場合 一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 3

h18	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、総務省令で定める時期ごとに、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類(以下[無線設備等]という。)を検査させる。ただし、当該無線局の発射する「電波の質」又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する「電波の質」又は空中線電力の検査を行う。
    (2) (1)の検査は、当該無線局の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1箇月」前までに、当該無線局の無線設備等について第24条の2第1項又は第24条の13第1項の登録を受けた者([登録点検事業者]又は[登録外国点検事業者]のことをいう。)が総務省令で定めるところにより行った当該登録に係る「点検の結果」を記載した書類の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、その一部を省略することができる。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の4

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 2

h20	6月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。ただし、当該無線局の発射する電波の質又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する電波の質又は空中線電力の検査を行う。
    (2) (1)の検査は、当該無線局の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1箇月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検事業者又は登録外国点検事業者が総務省令で定めるところにより行った当該登録に係る点検の結果を記載した書類の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、その「一部」を省略することができる。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の4

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 2

h21	6月	午後


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。ただし、当該無線局の発射する電波の質又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する電波の質又は空中線電力の検査を行う。
    (2) (1)の検査は、当該無線局の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1箇月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検事業者又は登録外国点検事業者が総務省令で定めるところにより行った当該登録に係る点検の結果を記載した書類の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、その「一部」を省略することができる。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の4

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 2

h22	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。ただし、当該無線局の発射する電波の質又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する電波の質又は空中線電力の検査を行う。
    (2) (1)の検査は、当該無線局の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1箇月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検事業者又は登録外国点検事業者が総務省令で定めるところにより行った当該登録に係る点検の結果を記載した書類の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、その「一部」を省略することができる。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の4

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 1

h24	6月	午後


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。
    (2) (1)の検査は、当該無線局(人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な無線局として総務省令で定めるものを除く。以下同じ。)の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1箇月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検等事業者(無線設備等の点検の事業のみを行う者を除く。)が総務省令で定めるところにより、当該登録に係る検査を行い、当該無線局の無線設備がその工事設計に合致しており、かつ、無線従事者の資格等が電波法の関係規定にそれぞれ違反していない旨を記載した証明書の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、「省略」することができる。

※ この年から「一部を省略」ではなく、「省略」だけになっているのは条文が異なるためです。

  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の

h25 2月 午前

h25	2月	午前

解答 3

h25	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。
    (2) (1)の検査は、当該無線局(人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な無線局として総務省令で定めるものを除く。以下同じ。)の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検等事業者(無線設備等の点検の事業のみを行う者を除く。)が総務省令で定めるところにより、当該登録に係る検査を行い、当該無線局の無線設備がその工事設計に合致しており、かつ、無線従事者の資格等が電波法の関係規定にそれぞれ違反していない旨を記載した証明書の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、「省略」することができる。

※ この年から「一部を省略」ではなく、「省略」だけになっているのは条文が異なるためです。

  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 1

h25	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。
    (2) (1)の検査は、当該無線局(人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な無線局として総務省令で定めるものを除く。以下同じ。)の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検等事業者(無線設備等の点検の事業のみを行う者を除く。)が総務省令で定めるところにより、当該登録に係る検査を行い、当該無線局の無線設備がその工事設計に合致しており、かつ、その無線従事者の資格等が電波法の関係規定にそれぞれ違反していない旨を記載した証明書の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、「省略」することができる。

※ この年から「一部を省略」ではなく、「省略」だけになっているのは条文が異なるためです。

  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 3

h27	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごとに」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局(総務省令で定めるものを除く。)に派遣し、その無線設備等(無線設備、無線従事者の資格(主任無線従事者の要件等に係るものを含む。)及び員数並びに時計及び書類をいう。以下同じ。)を検査させる。
    (2) (1)の検査は、当該無線局(人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な無線局として総務省令で定めるものを除く。以下同じ。)の免許人から、(1)の規定により総務大臣が通知した期日の「1月」前までに、当該無線局の無線設備等について登録点検等事業者(無線設備等の点検の事業のみを行う者を除く。)が総務省令で定めるところにより、当該登録に係る検査を行い、当該無線局の無線設備がその工事設計に合致しており、かつ、その無線従事者の資格等が電波法の関係規定にそれぞれ違反していない旨を記載した証明書の提出があったときは、(1)の規定にかかわらず、「省略」することができる。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第七十三条の

パターン2の問題

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 3

h22	10月	午前


  • 正しい解答 : その措置の内容を無線検査簿又は無線局検査結果通知書の記載欄に記載するとともに総合通信局長に報告しなければならない。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第三十九条の3
      • 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 4

h24	10月	午後


  • 正しい解答 : 速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第三十九条の3
      • 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 4

h26 	2月 	午前


  • 正しい解答 : 速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第三十九条の3
      • 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 2

h27	6月	午後


  • 正しい解答 : 速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。
  • 条例
    • 電波法施行規則 第三十九条の3
      • 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。

パターン3の問題

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 2

h26	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごと」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局に派遣し、その無線設備等<無線設備、無線従事者(主任無線従事者の要件を含む。)の資格及び員数並びに時計及び書類をいう。>を検査させる。ただし、当該無線局の発射する電波の質又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する電波の質又は空中線電力の検査を行う。
    (2) 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長<沖縄総合通信事務所長を含む。>から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を「総務大臣又は総合通信局長<沖縄総合通信事務所長を含む。>に報告」しなければならない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第三十九条の3

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 3

h28	2月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「総務省令で定める時期ごと」、あらかじめ通知する期日に、その職員を無線局に派遣し、その無線設備等<無線設備、無線従事者(主任無線従事者の要件を含む。)の資格及び員数並びに時計及び書類をいう。>を検査させる。ただし、当該無線局の発射する電波の質又は空中線電力に係る無線設備の事項以外の事項の検査を行う必要がないと認める無線局については、その無線局に電波の発射を命じて、その発射する電波の質又は空中線電力の検査を行う。
    (2) 免許人等は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長<沖縄総合通信事務所長を含む。>から指示を受け相当な措置をしたときは、速やかにその措置の内容を「総務大臣又は総合通信局長<沖縄総合通信事務所長を含む。>に報告」しなければならない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第七十三条
    • (2) 電波法 第三十九条の3

パターン4の問題

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 1

h27	6月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣又は総合通信局長(沖縄総合通信事務局長を含む。以下同じ)は、電波法第10条(落成後の検査)第1項、第18条第1項又は法第73条第1項本文、同項ただし書、第5項若しくは第6項の規定による検査を行い又はその職員に行わせたときは、当該「検査の結果に関する事項」を別表第4号に定める様式の無線局検査結果通知書により免許人等又は予備免許を受けた者に通知するものとする。
    (2)  総務大臣又は総合通信局長は、電波法第73条(検査)第3項の規定により検査を省略したときは、その旨を電波法施行規則別表第4号に定める様式の無線局検査省略通知書により免許人又は予備免許を受けた者に通知するものとする。
    (3)  免許人は、検査の結果について総務大臣又は総合通信局長から「指示を受け相当な措置」をしたときは、速やかにその措置の内容を総務大臣又は総合通信局長に報告しなければならない。

パターン2のより細かい知識を問われた問題になります。
無線局検査結果通知書という単語は パターン2のH22_10_午前_問11 に出ています。

  • 条例
    • (1) 電波法施行規則 第三十九条
    • (2) 電波法施行規則 第三十九条の2
    • (3) 電波法施行規則 第三十九条の3

前の項目へ

|33| 電波の発射の停止

次の項目へ

|35| 総務大臣が職員を派遣し検査させることができる場合


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional