■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|36| 総務大臣が行う処分

|36| 総務大臣が行う処分

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
36総務大臣が行う処分9,10,116262

出題パターンは5種類

  1. 総務大臣が行う処分について 1
  2. 総務大臣が行う処分について 2
  3. 総務大臣が行う処分について 3
  4. 総務大臣が行う処分について 4
  5. 電波の質が総務省令で定めるものに適合していないと認めるときに総務大臣が行う処分について

パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 2

h18	2月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 2

h19	6月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 4

h20	6月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 4

h21	2月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 1

h21	10月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 4

h22	2月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 4

h22	10月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 1

h23	2月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 4

h23	6月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 4

h23	10月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 1

h24	10月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 2

h25	10月	午前


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 1

h26	10月	午後


  • 正しい解答 : 無線従事者の免許の取消し
  • 条例
    • 電波法 第七十九条
    • 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
      • 一  この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。
      • 二  不正な手段により免許を受けたとき。
      • 三  第四十二条第三号に該当するに至つたとき。

パターン2の問題

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 1

h19	10月	午後


  • 正しい解答 : 3箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止の処分
  • 条例
    • 電波法 第七十六条
      • 総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、三箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。

h22 6月 午前

h22	6月	午前

解答 1

h22	6月	午前


  • 正しい解答 : 3箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止の処分
  • 条例
    • 電波法 第七十六条
      • 総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、三箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 2

h26	6月	午前


  • 正しい解答 : 3箇月以内の期間を定めて行われる無線局の運用の停止の処分
  • 条例
    • 電波法 第七十六条
      • 総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、三箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 2

h27	6月	午前


  • 正しい解答 : 3箇月以内の期間を定めて行われる無線局の運用の停止の処分
  • 条例
    • 電波法 第七十六条
      • 総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、三箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。

パターン3の問題

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 3

h18	6月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 3

h19	6月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 3

h21	6月	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 3

h21	10月	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 3

h22	6月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 3

h23	10月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 3

h24	2月	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 3

h24	10月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 1

h25	6月 	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて「運用許容時間、周波数若しくは空中線電力」を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 2

h25	10月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h27 2月 午前

h27	2月 	午前

解答 3

h27	2月 	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、放送法 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて「無線局の運用」の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、「周波数」若しくは空中線電力を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

パターン4の問題

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 3

h19	2月	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、「放送法」 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて「運用許容時間、周波数若しくは空中線電力」を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 3

h20	10月	午前


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が電波法、「放送法」 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて「運用許容時間、周波数若しくは空中線電力」を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 3

h21	10月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が「電波法、放送法」 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて「運用許容時間、周波数若しくは空中線電力」を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 3

h23	2月	午後


  • 正しい解答 : 総務大臣は、免許人又は登録人が「電波法、放送法」 若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、「3箇月」以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて「運用許容時間、周波数若しくは空中線電力」を制限することができる。
  • 条例
    • 電波法 第七十六条

パターン5の問題

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 1

h26	6月	午後


  • 正しい解答
    • (1) 総務大臣は、無線局の発射する電波の質が電波法第28条(電波の質)の総務省令で定めるものに適合していないと認めるときは、当該無線局に対して臨時に「電波の発射の停止」を命ずることができる。
    • (2) 総務大臣は、(1)の命令を受けた無線局からその発射する電波の質が電波法第28条の総務省令の定めるものに適合するに至った旨の申出を受けたときは、その無線局に「電波を試験的に発射」させなければならない。
    • (3) 総務大臣は、(2)に規定により発射する電波の質が電波法第28条の総務省令で定めるものに適合しているときは、直ちに(1)の停止を解除しなければならない。
    • (4) 総務大臣は、電波法第71条の5(技術基準適合命令)の規定により無線設備が電波法第3章(無線設備)に定める技術基準に適合していないと認め、当該無線設備を使用する無線局の免許人等(注)に対し、その技術基準に適合するように当該無線設備の修理その他の必要な措置をとるべきことを命じたとき、(1)の「電波の発射の停止」を命じたとき、(2)の申出があったとき、無線局のある船舶又は航空機が外国へ出港しようとするとき、その他電波法の施行を確保するため特に必要があるときは、「その職員を無線局に派遣し、その無線設備等を検査させる」ことができる。
       注 免許人又は登録人をいう。
  • 条例
    • 電波法 第七十二条
    • 電波法 第七十二条の2
    • 電波法 第七十二条の3
    • 電波法 第七十三条の5

前の項目へ

|35| 総務大臣が職員を派遣し検査させることができる場合

次の項目へ

|37| 無線従事者の免許


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional