■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|44| 無線業務日誌

|44| 無線業務日誌

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
44無線業務日誌128276

出題パターンは2種類

  1. 使用を終わった無線業務日誌の保存期間
  2. 無線業務日誌に記載を要しない事項

パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 2

h18	2月	午前


  • 正しい解答 : 使用を終わった日から2年間
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条の4

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 2

h19	6月	午後


  • 正しい解答 : 使用を終わった日から2年間
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条の4

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 2

h21	2月	午前


  • 正しい解答 : 使用を終わった日から2年間
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条の4

パターン2の問題

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 2

h18	2月	午後


  • 正しい解答 : 通信の開始及び終了の時刻
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条
      • 法第六十条に規定する無線業務日誌には、毎日次に掲げる事項を記載しなければならない。ただし、総務大臣又は総合通信局長において特に必要がないと認めた場合は、記載の一部を省略することができる。

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 2

h19	6月	午前


  • 正しい解答 : 通信の開始及び終了の時刻
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条
      • 法第六十条に規定する無線業務日誌には、毎日次に掲げる事項を記載しなければならない。ただし、総務大臣又は総合通信局長において特に必要がないと認めた場合は、記載の一部を省略することができる。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 2

h21	2月	午後


  • 正しい解答 : 通信の開始及び終了の時刻
  • 条例
    • 電波法施行規則 第四十条
      • 法第六十条に規定する無線業務日誌には、毎日次に掲げる事項を記載しなければならない。ただし、総務大臣又は総合通信局長において特に必要がないと認めた場合は、記載の一部を省略することができる。

前の項目へ

|43| 固定局に備え付ける書類

次の項目へ

|45| 人工衛星局の条件


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional