■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|46| 周波数測定装置の備付け

|46| 周波数測定装置の備付け

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
46周波数測定装置の備付け3--

出題パターンは1種類

  1. 周波数測定装置の備付け等

パターン1の問題

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 3

h24	6月	午前


  • 正しい解答 : 「26.175MHz以下の」周波数の電波を利用する送信設備には、電波法第31条に規定する周波数測定装置を備え付けなければならない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第三十一条
      • 総務省令で定める送信設備には、その誤差が使用周波数の許容偏差の二分の一以下である周波数測定装置を備えつけなければならない。
    • (2) 電波法 第三十七条
    • 次に掲げる無線設備の機器は、その型式について、総務大臣の行う検定に合格したものでなければ、施設してはならない。ただし、総務大臣が行う検定に相当する型式検定に合格している機器その他の機器であつて総務省令で定めるものを施設する場合は、この限りでない。
      • 一  第三十一条の規定により備え付けなければならない周波数測定装置
      • 二  船舶安全法第二条 (同法第二十九条ノ七 の規定に基づく政令において準用する場合を含む。)の規定に基づく命令により船舶に備えなければならないレーダー
      • 三  船舶に施設する救命用の無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
      • 四  第三十三条の規定により備えなければならない無線設備の機器(前号に掲げるものを除く。)
      • 五  第三十四条本文に規定する船舶地球局の無線設備の機器
      • 六  航空機に施設する無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
    • (3) (4) 電波法施行規則 第十一条の三
    • 法第三十一条の総務省令で定める送信設備は、次の各号に掲げる送信設備以外のものとする。
      • 一  二六・一七五MHzを超える周波数の電波を利用するもの
      • 二  空中線電力一〇ワツト以下のもの
      • 三  法第三十一条に規定する周波数測定装置を備え付けている相手方の無線局によつてその使用電波の周波数が測定されることとなつているもの
      • 四  当該送信設備の無線局の免許人が別に備え付けた法第三十一条に規定する周波数測定装置をもつてその使用電波の周波数を随時測定し得るもの
      • 五  基幹放送局の送信設備であつて、空中線電力五〇ワツト以下のもの
      • 六  標準周波数局において使用されるもの
      • 七  アマチユア局の送信設備であつて、当該設備から発射される電波の特性周波数を〇・〇二五パーセント以内の誤差で測定することにより、その電波の占有する周波数帯幅が、当該無線局が動作することを許される周波数帯内にあることを確認することができる装置を備え付けているもの
      • 八  その他総務大臣が別に告示するもの

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 3

h25	6月 	午前


  • 正しい解答 : 空中線電力「10ワット」以下の送信設備には、電波法第31条に規定する周波数測定装置の備付けを要しない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第三十一条
      • 総務省令で定める送信設備には、その誤差が使用周波数の許容偏差の二分の一以下である周波数測定装置を備えつけなければならない。
    • (2) 電波法 第三十七条
    • 次に掲げる無線設備の機器は、その型式について、総務大臣の行う検定に合格したものでなければ、施設してはならない。ただし、総務大臣が行う検定に相当する型式検定に合格している機器その他の機器であつて総務省令で定めるものを施設する場合は、この限りでない。
      • 一  第三十一条の規定により備え付けなければならない周波数測定装置
      • 二  船舶安全法第二条 (同法第二十九条ノ七 の規定に基づく政令において準用する場合を含む。)の規定に基づく命令により船舶に備えなければならないレーダー
      • 三  船舶に施設する救命用の無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
      • 四  第三十三条の規定により備えなければならない無線設備の機器(前号に掲げるものを除く。)
      • 五  第三十四条本文に規定する船舶地球局の無線設備の機器
      • 六  航空機に施設する無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
    • (3) (4) 電波法施行規則 第十一条の三
    • 法第三十一条の総務省令で定める送信設備は、次の各号に掲げる送信設備以外のものとする。
      • 一  二六・一七五MHzを超える周波数の電波を利用するもの
      • 二  空中線電力一〇ワツト以下のもの
      • 三  法第三十一条に規定する周波数測定装置を備え付けている相手方の無線局によつてその使用電波の周波数が測定されることとなつているもの
      • 四  当該送信設備の無線局の免許人が別に備え付けた法第三十一条に規定する周波数測定装置をもつてその使用電波の周波数を随時測定し得るもの
      • 五  基幹放送局の送信設備であつて、空中線電力五〇ワツト以下のもの
      • 六  標準周波数局において使用されるもの
      • 七  アマチユア局の送信設備であつて、当該設備から発射される電波の特性周波数を〇・〇二五パーセント以内の誤差で測定することにより、その電波の占有する周波数帯幅が、当該無線局が動作することを許される周波数帯内にあることを確認することができる装置を備え付けているもの
      • 八  その他総務大臣が別に告示するもの

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 1

h26	10月	午前


  • 正しい解答 : 空中線電力「10ワット」以下の送信設備には、電波法第31条に規定する周波数測定装置の備付けを要しない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第三十一条
      • 総務省令で定める送信設備には、その誤差が使用周波数の許容偏差の二分の一以下である周波数測定装置を備えつけなければならない。
    • (2) 電波法 第三十七条
    • 次に掲げる無線設備の機器は、その型式について、総務大臣の行う検定に合格したものでなければ、施設してはならない。ただし、総務大臣が行う検定に相当する型式検定に合格している機器その他の機器であつて総務省令で定めるものを施設する場合は、この限りでない。
      • 一  第三十一条の規定により備え付けなければならない周波数測定装置
      • 二  船舶安全法第二条 (同法第二十九条ノ七 の規定に基づく政令において準用する場合を含む。)の規定に基づく命令により船舶に備えなければならないレーダー
      • 三  船舶に施設する救命用の無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
      • 四  第三十三条の規定により備えなければならない無線設備の機器(前号に掲げるものを除く。)
      • 五  第三十四条本文に規定する船舶地球局の無線設備の機器
      • 六  航空機に施設する無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
    • (3) (4) 電波法施行規則 第十一条の三
    • 法第三十一条の総務省令で定める送信設備は、次の各号に掲げる送信設備以外のものとする。
      • 一  二六・一七五MHzを超える周波数の電波を利用するもの
      • 二  空中線電力一〇ワツト以下のもの
      • 三  法第三十一条に規定する周波数測定装置を備え付けている相手方の無線局によつてその使用電波の周波数が測定されることとなつているもの
      • 四  当該送信設備の無線局の免許人が別に備え付けた法第三十一条に規定する周波数測定装置をもつてその使用電波の周波数を随時測定し得るもの
      • 五  基幹放送局の送信設備であつて、空中線電力五〇ワツト以下のもの
      • 六  標準周波数局において使用されるもの
      • 七  アマチユア局の送信設備であつて、当該設備から発射される電波の特性周波数を〇・〇二五パーセント以内の誤差で測定することにより、その電波の占有する周波数帯幅が、当該無線局が動作することを許される周波数帯内にあることを確認することができる装置を備え付けているもの
      • 八  その他総務大臣が別に告示するもの

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 3

h27	10月	午後


  • 正しい解答 : 空中線電力「10ワット」以下の送信設備には、電波法第31条に規定する周波数測定装置の備付けを要しない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第三十一条
      • 総務省令で定める送信設備には、その誤差が使用周波数の許容偏差の二分の一以下である周波数測定装置を備えつけなければならない。
    • (2) 電波法 第三十七条
    • 次に掲げる無線設備の機器は、その型式について、総務大臣の行う検定に合格したものでなければ、施設してはならない。ただし、総務大臣が行う検定に相当する型式検定に合格している機器その他の機器であつて総務省令で定めるものを施設する場合は、この限りでない。
      • 一  第三十一条の規定により備え付けなければならない周波数測定装置
      • 二  船舶安全法第二条 (同法第二十九条ノ七 の規定に基づく政令において準用する場合を含む。)の規定に基づく命令により船舶に備えなければならないレーダー
      • 三  船舶に施設する救命用の無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
      • 四  第三十三条の規定により備えなければならない無線設備の機器(前号に掲げるものを除く。)
      • 五  第三十四条本文に規定する船舶地球局の無線設備の機器
      • 六  航空機に施設する無線設備の機器であつて総務省令で定めるもの
    • (3) (4) 電波法施行規則 第十一条の三
    • 法第三十一条の総務省令で定める送信設備は、次の各号に掲げる送信設備以外のものとする。
      • 一  二六・一七五MHzを超える周波数の電波を利用するもの
      • 二  空中線電力一〇ワツト以下のもの
      • 三  法第三十一条に規定する周波数測定装置を備え付けている相手方の無線局によつてその使用電波の周波数が測定されることとなつているもの
      • 四  当該送信設備の無線局の免許人が別に備え付けた法第三十一条に規定する周波数測定装置をもつてその使用電波の周波数を随時測定し得るもの
      • 五  基幹放送局の送信設備であつて、空中線電力五〇ワツト以下のもの
      • 六  標準周波数局において使用されるもの
      • 七  アマチユア局の送信設備であつて、当該設備から発射される電波の特性周波数を〇・〇二五パーセント以内の誤差で測定することにより、その電波の占有する周波数帯幅が、当該無線局が動作することを許される周波数帯内にあることを確認することができる装置を備え付けているもの
      • 八  その他総務大臣が別に告示するもの

前の項目へ

|45| 人工衛星局の条件

次の項目へ

|47| 総務大臣の行う検定に合格した無線設備の機器


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional