■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|51| 電波の利用状況の調査

|51| 電波の利用状況の調査

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
51電波の利用状況の調査2--

出題パターンは2種類

  1. 電波の利用状況の調査等について
  2. 無線局に関する情報の提供について

パターン1の問題

h27 2月 午前

h27	2月 	午前

解答 1

h27	2月 	午前


  • 正しい解答
    総務大臣は、周波数割当計画の作成又は変更その他電波の有効利用に資する施策を総合的かつ計画的に推進するため、おおむね、「3年ごとに」、総務省令で定めるところにより、「無線局の数」、無線局の行う無線通信の通信量、無線局の無線設備の「使用の態様」その他の電波の利用状況を把握するために必要な事項として総務省令で定める事項の調査を行うものとする。
  • 条例
    • 電波法 第二十六条の二

パターン2の問題

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 2

h27	10月	午前


  • 正しい解答
    (1) 総務大臣は、「自己の無線局の開設又は周波数の変更をする場合」その他総務省令で定める場合に必要とされる「混信又は輻輳に関する調査」を行おうとする者の求めに応じ、当該調査を行うために必要な限度において、当該者に対し、無線局の無線設備の工事設計その他の無線局に関する事項に係る情報であって総務省令で定めるものを提供することができる。
    (2) (1)の規定に基づき情報の提供を受けた者は、当該情報を「(1)の調査の用に供する目的以外の目的のために利用し、又は提供しては」ならない。
  • 条例
    • (1) 電波法 第二十五条の二
    • (2) 電波法 第二十五条の三

前の項目へ

|50| 電波利用料

次の項目へ

|52| 周波数安定のための条件


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional