■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|52| 周波数安定のための条件

|52| 周波数安定のための条件

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
52電波の利用状況の調査3--

出題パターンは1種類

  1. 周波数の安定のための条件について

パターン1の問題

h27 2月 午後

h27	2月 	午後

解答 1

h27	2月 	午後


  • 正しい解答

(1) 周波数をその許容偏差内に維持するため、送信装置は、できる限り「電源電圧又は負荷の変化」によって発振周波数に影響を与えないものでなくてはならない。

(2) 周波数をその許容偏差内に維持するため、発振回路の方式は、できる限り「外囲の温度若しくは湿度の変化」によって影響を受けないものでなくてはならない。

(3) 移動局(移動するアマチュア局を含む。)の送信装置は、実際起こり得る「振動又は衝撃」によっても周波数数をその許容偏差内に維持するものでなくてはならない。

  • 条例
    • 無線設備規則 第十五条

前の項目へ

|51| 電波の利用状況の調査

次の項目へ

|53| 電波を発射する前の措置


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional