■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|53| 電波を発射する前の措置

|53| 電波を発射する前の措置

NO項目              主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
53電波の利用状況の調査8--

出題パターンは1種類

  1. 無線局が電波を発射する前の措置について

パターン1の問題

h27 2月 午後

h27	2月 	午後

解答 2

h27	2月 	午後


  • 正しい解答

(1) 無線局は、相手局を呼び出そうとするときは、電波を発射する前に、「受信機を最良の感度に調整し」、自局の発射しようとする電波の周波数その他必要と認める周波数によって聴取し、他の通信に混信を与えないことを確かめなくてはならない。ただし、「遭難通信、緊急通信、安全通信及び電波法第74条(非常の場合の無線通信)第1項に規定する通信」を行う場合並びに他の通信に混信を与えないことが確実である電波により通信を行う場合は、この限りではない。

(2) (1)の場合において、他の通信に混信を与えるおそれがあるときは、「その通信が終了した後でなければ」呼出しをしてはならない。

  • 条例
    • 無線局運用規則 第十九条の二
    • 無線局運用規則 第十九条の二の2

前の項目へ

|52| 周波数安定のための条件


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional